消費者教育シンポジウム

本シンポジウムでは、先進的な取組を通して理解を深め、参加者の対話からこれからの消費者教育の展望を描きます。ふるってご参加ください。ご案内チラシはこちらからご参照いただけます。

開催日
2022年6月27日(月)
定員
100名(先着順)
※新型コロナウィルス感染対策のため定員の半分以下で募集します
参加費
無料
対象
学校の教員・教育関係者・行政関係者・企業関係者・消費者教育に関心のある方 等
会場
国立オリンピック記念青少年総合センター
国際交流棟 国際会議室
渋谷区代々木神園町3-1
・小田急線「参宮橋」駅より徒歩約7分
・千代田線「代々木公園」駅(4番出口)より徒歩約10分
   会場地図

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、受講の方にはマスク着用等感染防止にご協力お願いします。
第一部 10:25~
消費者教育教材資料表彰2022 表彰式

選考結果講評
 椙山女学園大学教授
 日本消費者教育学会会長 東 珠実

第二部 13:00~
次代の社会の担い手をはぐくむコンシューマーシティズンシップ

<基調講演1>
『消費者教育推進法施行10年の節目に考えるコンシューマーシティズンシップ』
 弁護士 文部科学省消費者教育アドバイザー 島田 広
<基調講演2>
『デジタル・シティズンシップ教育が目指すもの 学校の現場から』
 鳥取県デジタル・シティズンシップエデュケーター
 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
 客員研究員 今度 珠美
【実践報告1】
『次代の投票行動が未来をつくる「1票の重み」伝える主権者教育の現場から』
 ドルトン東京学園中等部・高等部教諭(社会科)
 大畑 方人
【実践報告2】
『高校生が主体的に社会参画する場づくり-小国高校の挑戦-』
 山形県立小国高等学校教諭(家庭科)
 加藤 真央
【対話】
『民法改正した今描く消費者教育のビジョンとは?』
(グループで話し合います)
参加申込