TOP > 出版物 > 海外の消費者教育2011- 韓国・スペイン・PARL -

出版物

書籍名
海外の消費者教育2011
- 韓国・スペイン・PARL -

 本書は、消費者教育支援センターの設立20周年を記念して2011年3月に実施した海外における消費者教育の実態調査を取りまとめたものです。
 今回の調査では、日本の制度・仕組みと共通点の多い韓国と、かつてヨーロッパコンシューマースクールの本部があり、ヨーロッパ内の消費者教育教員ネットワークの中心であるスペイン、さらにヨーロッパを中心とした消費者教育の新潮流としてPERL(Partnership for Education and Research about Responsible Living) の国際会議を調査対象としています。

<主な内容>

 第1章では、韓国の消費者院や消費者教育支援センター等を訪問し、各機関・団体が取り組む事業や教材情報をとりまとめています。
 第2章では、スペインの国家消費者院や各自治州が設置する消費者教育センター、公立学校等を訪問し、教材やそれを使って実施された授業の様子等を紹介しています。
 第3章では、消費者市民教育に取り組んでいたCCN(Consumer Citizenship Network)から発展したPERLの国際会議について、「持続可能な消費」について詳しい松葉口玲子横浜国立大学教授にご報告いただきました。

 発行:消費者教育支援センター
 発行年:2011年
 形状:A4サイズ、80ページ
 頒価:1,389円(税別)

※送料は別途ご請求となります。
価格1,389 円
数量
購入